So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年間の学習スケジュールは?いつまでに仕上げる? [自習]

再起を誓い、9月から次回の試験を意識している方へお伝えしたいです。

いつごろまでに『ほぼ仕上あがった状態』に持っていく予定ですか?

ここでの『ほぼ仕上がった状態』とは、完璧な状態ではなく、『余裕を持って完璧に持っていける状態』80~90%の状態です。

なぜ皆さんにこんなお話をしたかというと、仕上がった状態で本番に挑んでいる人が多い気がするからです。
『あと2週間あれば・・・』『理論が覚えきれなかった・・・』など嘆く人のことです。

私も、受験1年目の簿記と財表、1年目の税法はそうでした。

再チャレンジの受験生は、そんな状態で受験していては、また1年受験回数が増えてしまうかもしれません[爆弾]

1年間のスケジュールをみっちり決めてくださいとは言うつもりはありませんし、私にもそれはできません。

再チャレンジをする皆様にお伝えしたいのは、6月の公開模試までに『ほぼ仕上がった状態』を目指すべき、ということです[exclamation×2]

なぜ、公開模試までか?

それは、公開模試から本試験までの約1か月半は、微調整を丁寧にやる期間とすべきだからです。

特に複数科目受験の人は、理論暗記と答練の解き直しなどに時間がかかり過ぎて共倒れになりやすいです。

仕上がった人には、仕上がった人なりの課題が見つかります。例えば、『計算テキストに書いてある内容が理論問題に出てきたら自分は上手に作文できるだろうか?』、『理論を一字一句暗記しなくても、なんとなく作文できるようにしておこう』などです。

近年の試験では、専門学校の教材や講師のレベルが上がり過ぎて、試験問題を作る人が、専門学校の予想をわざと外してきているような気がする問題が多いです。

例えば・・・
2010年の所得税の理論⇒暗記すべき理論にはない『非居住者の源泉所得税』が出題。計算テキストから作文すれば十分に合格点が取れた
2011年の所得税の理論⇒『ストックオプション』⇒理論集に記載はあるが大手専門学校では下位ランク又はランク外。ぼんやりと理論が作文できれば十分に合格点が取れた。

ABランク理論から出れば完璧に書ける、答練を10回解いたから答練が的中すれば解ける、という仕上げ方をしていては合格は厳しいというのが最近の傾向のような気がします。

このブログでは、再チャレンジの方にぜひ合格を勝ち取ってほしいので、私なりに工夫した勉強法を公開していきます。

すべて真似しろというつもりはありませんが、よいと思えたものは取り入れるとよいと思っています。



いつから勉強を再開すべきか? [授業]

8月に受験を終え、『来年も同じ科目を受けなおそう・・』などとお考えのことと思います。

私は自分の中では次のようなルールでした。

年内 ⇒ 基本的に勉強しない!よく寝る、よく遊ぶ!
1月 ⇒ 所得税などのボリュームの多い科目前回全然仕上がらない状態で受験した科目については1月から勉強スタート!
5月 ⇒ 3回目以降の受験となる科目でボリュームの少ないものについてはGW明けにしぶしぶ勉強スタート!

もちろん、皆様にはそれぞれ仕事や家庭の事情があると思うので、真似してくださいとは言いません。結局は、本番に万全の状態に持っていければよいのです。

私の場合、1年中勉強しているのが辛かった、年内の授業料や交通費をケチった、入力作業中心で直前期にしっかり休みが取れた、といった事情から年内は勉強しませんでした。

私の前の職場にも、受験に苦しむ同僚がいました。その方は、9月に本気を出して、1月あたりからペースが落ち、7月には来年の受験を考え始める、というサイクルを繰り返していました。私も9月から勉強しているとそうなってしまいそうだったので、あえて年内は勉強しませんでした。年明けも4月くらいまでは、遅れない程度に頑張るくらいの感じでした。

とにかく7月末~8月上旬にピークを持っていくことに意識を集中しましょう!

次回は、再(々)チャレンジの方の学習スケジュールについてお伝えします!

受験歴とプロフィール [自己紹介]

はじめまして、ゴイニです。

私は今、都内の税理士法人で雇われ税理士(補助税理士)として働いております。

2011年まで税理士試験を毎年のように受験してきました。

ゴイニという名前は、私の税理士試験の戦績である5勝12敗からきています。

1年目:簿記×、財表×
2年目:簿記×、財表○、消費×
3年目:簿記×、消費×、法人×
4年目:簿記×、消費○、所得×
5年目:簿記×、所得×、国徴×
6年目:簿記○、所得○、国徴○

どうですか?ひどいでしょう?(笑)

よく見てみると、①簿記論5回も落ちている、②法人税をあきらめている、③国徴とか意味ない科目を選択している・・・などいろんな点にお気づきかと思います。

専門学校の合格体験記などを見ると、『2年で5科目合格しました!』、『毎年確実に1科目ずつ合格できました!』といったものが多いので、私のは泥臭い合格体験記だと思います。

これだけ不合格を積み重ねましたので、何度も不合格になって悔しい思いをしている方の気持ちはよ~くわかります。

不合格ばかりで説得力に欠けるかもしれませんが、6年目になんとか受験を終えることに成功できましたので、何度も受験に失敗しているけど、今度こそ合格したいという熱い気持ちを持っている受験生のあなたに私にできるアドバイスをしていきたいと思っています。

私は本番に弱いタイプで、草野球の試合でもストライクが入らなくなるノミの心臓の持ち主です。税理士試験でも緊張して何もできなかった経験もあります。このブログではそんな精神的な対策もお伝えしますので、気楽に見てください。

皆様の合格に少しでも役に立つブログを目指していきますので、よろしくお願いいたします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。